北京オリンピック競技のシンボルマーク

北京オリンピックの諸競技のシンボルマークというものがあることを知っていますか?

このシンボルマークは、道路案内システムや施設内外の装飾と標識、選手の試合参加のための案内、一般客の観戦の案内などに活用されます。

また、テレビ中継やCM、マーケットにも広く応用されていくこととなっています。
オリンピックの諸競技のシンボルマークというものは、オリンピックの基礎的イメージ構成という意味で、インパクトがある機能性があることが必要です。

また、オリンピックの理念、主催国の文化といった面をアピールする重要なルートでもあるんですね。

北京オリンピックの諸競技のシンボルマークですが、篆書の字形を基本としています。
そして、甲骨文、金文といった字形の趣やモダンな図案の簡潔さを融合させたものとなっていて、覚えやすく、識別しやすく、使いやすいといった要求を満たしているんです。

また、黒の図案と白い背景によって、鮮明なコントラストを実現し、競技の鮮明な特徴、優雅な美・豊かな文化の意味を表していて、「形」と「意」という調和と統一が完璧に表現されています。

この北京オリンピックのシンボルマークは全部で35あります。

このシンボルマークの研究、デザイン、評価作業は2005年の3月に始動しました。

著名なデザイン機構がデザインを担当し、中央美術学院や清華大学美術学院が入選案への改善作業に携わりました。

この間、内外の多くのデザインの専門家やアーティスト、オリンピックの専門家、オリンピックの中継機構、選手の代表などから貴重な意見が結構寄せられたそうですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。