北京オリンピックで使用される聖火トーチ

オリンピックといえば、聖火リレーなどの注目する点のひとつなのではないでしょうか。

オリンピックトーチとはオリンピック聖火を持ち運ぶためのツールです。
1936年ベルリンオリンピック以来、毎回のオリンピックでは、主催国の文化の特色などをアピールし、ハイテクを利用したトーチなども現れました。

トーチはオリンピックの重要といえる遺産とも見られているんです。

さて、今年夏に開催される北京オリンピックの聖火トーチですが、長さ72センチ、重さ985グラムとなっています。
トーチは15分間にわたり燃焼し続けることが可能であり、また、風速が全くない環境であっても、聖火の炎の高さは常時25〜30センチを保てるんです。

燃料のプロパンガスは環境にやさしいものです。
炎の色は黄色が非常に鮮やかで、強い光や日光の下でも識別することができるので、撮影にも便利です。

トーチの外形の素材はリサイクルが可能になっていて、こちらも環境にやさしい素材となっています。

北京オリンピックの聖火トーチの外観のデザインに関してですが、中国の伝統的な「祥雲」の図からインスピレーションを受けているといわれています。

「祥雲」という文化の概念は、実に千年以上の歴史があり、中国文化の代表的な記号であるんです。

トーチの造形デザインですが、伝統的な中国の紙の巻物をイメージしたものとなっています。

レッドとシルバーという目新しい視覚的効果があるこのトーチは、各メディアによる伝播にもプラスになるといわれています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。