北京オリンピックのチケット

昨年4月より北京オリンピックのチケットの販売予約が始まりました。
発売元となる北京オリンピック組織委員会は、転売や偽造による価格の高騰を防止するため、電子チップを埋め込んであるチケットを製作したんです。

特に開閉会式のチケットの購入には非常に厳格なチェックが行われています。

例えば、個人を証明する書類のほかに購入者自身の顔写真の提出が義務付けられて、また、第3者への譲渡についても規定の手続きを行わなければなりません。

昨年4月15日に開始された第1回の一般向けチケットの販売数は約700万枚にのぼり、希望者多数の場合は抽選となります。

チケットは主に中国国内を対象にしており、およそ75%が中国国内向けに、残りの25%が各国のオリンピック委員会へ割り当てられました。

価格は中国の物価を基本にして決められていて、過去の歴代オリンピックの相場に比べてかなりリーズナブルになっています。

一番高いもので、開会式の5000元(日本円で7万5千円)、競技はバスケットボールが一番人気となっていて男子決勝のチケットは1000元(1万5千円)となっています。

反対に、一番安いのが野球で30元(450円)となっています。

北京オリンピックの組織委員会では、チケット販売を三段階に分けています。
第1回目が4月から6月となっていて、販売予約が開始されて以来、中国ではオリンピックチケットの購入が大ブームになっているみたいですね。

第1回目の販売予約は、海外対象の割り当てが少なく、中国以外では予約も簡単にできないようでした。
日本人対象のチケット販売はこれからが本番です。

現地で観戦したいという競技がある方は、まだまだ諦めずに、これからの販売予約のチケットをなんとか入手できるようにトライしていきましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。