北京オリンピック観戦に向けた様々な動き

今年の夏に開催される北京オリンピックには、中国人の実に1割が全土から集まり、会場観戦するなどという噂もあります。

1割といっても単純計算で1億3千万人になるわけですから、そんな人数が実際集まるとなると凄いことになりそうですね。

それほどの噂が出るほど、中国国内では現在北京オリンピックに対する関心が高くなっているんです。

北京市内の各インフラも急ピッチで整備を続けていて、観戦に欠かすことのできない交通網の整備も真っ最中です。

高速道路網に加え、地下鉄の4、5、10号線やオリンピック支線も工事中で、開幕日までにはすべて整う予定となっています。

地下鉄網が完成すると、北京北部を中心に行われるオリンピック実施会場へは、地下鉄にて向かえるようになります。

これは市民にとっても国外からの観光客にとっても非常に便利になりますね。
また、北京市交通委員会は、北京オリンピック開催中に自家用車で市民が会場へ乗り入れることを許可しないとしています。

一方、北京オリンピックへ向け、日本国内の旅行業界も動きが活発化しています。
日本オリンピック委員会はオリンピックへの公式の旅行代理店を8社選定しました。

近畿日本ツーリストは、早くも北京市内のホテルを全館貸し切りにし、宿泊施設の確保に備えるといった素早い動きが見られますね。

観戦ツアーも格安なものから豪華なもの、または、観光とのパッケージなど様々なタイプが今後出てくるでしょう。

北京オリンピックを現地に観戦に行こうと考えている方にとっては、具体的な計画をこれから立てることができるようになってきますね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。