北京オリンピックに新たな競技・種目を!

オリンピックでは実に様々な競技・種目が行われます。
8月に開幕する北京オリンピックは、古代より武術が盛んである中国での開催です。

そのため、北京オリンピックを実施する中国オリンピック委員会は、中国武術を正式競技として採用するよう、早い段階からIOCに要請していたそうです。

過去のオリンピック開催国で、東京大会では柔道、ソウル大会ではテコンドーが正式競技として行われたという事例を挙げて、かなり熱のこもった要請だったみたいですね。

これには日本の武術太極拳連盟も、緊急提案を国際武術連盟へ出してアクションを起こすような側面的な応援をしていました。

しかし、結果としては残念なことに中国武術の正式競技採用はIOCによって否決されてしまい、採用の夢は次回のロンドン大会にまで持ち越されたのでした。

中国オリンピック委員会は、その他にも上海でオリンピックと同時期に開催される国際大会に関しても、オリンピックの名称を使用することを申請していました。

こちらの方は幸いなことにすでにIOCより許可が出ているようですね。

さて、日本で非常に注目度が高い野球やソフトボールについてですが、こちらは残念なことになってしまいました。

というのも、2005年にシンガポールで開かれたIOC総会において、次回の2012年ロンドン大会では競技として実施されないことが決まっています。

なので、今のところこの北京オリンピックでの競技が最後の正式競技となっています。

日本人としましては、注目度が高い競技ですし、次回は叶わずとも、それ以降の大会でなんとか復活して欲しいものですよね。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。