北京オリンピックにおけるボランティア

オリンピックの円滑な運営にはボランティアの活躍は欠かせないと思います。
いよいよ夏に開幕する北京オリンピックでもたくさんのボランティアが動員されることとなっています。

北京オリンピックの組織委員会ボランティア部によると、北京オリンピックやパラリンピックにおけるボランティアの志願者数が2007年12月4日までに、76万人にも達したと伝えました。

また、北京市内のオリンピック会場外のボランティア志願者(交通整理等含む)は83万人を超えたそうです。

北京オリンピックのボランティアプロジェクトですが、2006年6月に発足して以降、市民の高い関心、情熱により、支えられてきました。

そして、これまでの第一段階のステップという意味で、「好運北京」スポーツ大会では、3万人にものぼるボランティアの方が、大会期間中に市内ボランティアサービスとして活動してきました。

現在、高校生ボランティア志願者に対しては、英会話や総合知識、また、心理的素質といった各サービスの測定作業を行っているようです。

また、これと同じく北京市以外の志願者に対しても全面的なバックアップを行っています。

北京オリンピックやパラリンピックにおけるボランティアの予定数は約10万人となっており、北京市内でのボランティアの予定者数は40万人となっています。

大会志願者の申込み受付は2008年3月までとなっています。
また、2008年5月までには、全ての準備を終える予定であるそうです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。