北京オリンピックで新たに加わる種目

北京オリンピックではたくさんの競技・種目で熱戦が繰り広げられます。
では、北京オリンピックから新たに増える種目というのはあるのでしょうか?

まず、陸上競技では「障害レース」という種目が新たに始まります。
また、水泳競技での新種目「10キロメートルマラソン」とは、プールではない場所、要は海や湖で泳ぐ種目ですね。

トライアスロンの水泳の部分を取り出してみたというイメージの種目でしょうかね。
セーリング競技の種目ですが、艇種によって分かれていまして、「RS-X」とは簡単にいえばウィンドサーフィンのことですね。

「レーザーラジアル」というのは、レーザー級と呼ばれている艇種より小型のものになります。

「BMX」とは、bicycle motocrossの略です。
名前だけ聞けば、若者層が街中でやっている感じの自転車の曲乗りのようなものを想像するかもしれません。

ですが、オリンピックの種目となったのは、ジャンプやバンクが多数あるコースを走り抜けるというレースです。

フェンシングの「フルーレ」と「サーブル」とは、武器である剣を指していまして、それがそのままの形で種目名となっているんです。

ざっと見て以上のような種目が新たに追加されています。
それが実際にどのようなものなのかは、私も調べていて初めて知りました。

競技そのものは知っていたとしても、より複雑かつ奥深い世界が広がっているということを再認識した次第ですね。

新種目にも大いに注目していきたいと思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。