北京オリンピックの目玉!マイケル・フェルプス

いよいよ北京オリンピックの開催年になりましたね。
北京オリンピックでも、当然、超一流のアスリートが多数出場します。

では、その中から史上最多となる「金メダル8個」を狙っている米国の競泳選手であるマイケル・フェルプス選手について紹介してみたいと思います。

マイケル・フェルプスは、まさしく北京五輪の最大級の目玉といえる選手だと思います。
アテネ五輪の際は、前人未到の8冠こそ目指したが、獲得した金メダルの数はなんと6つにものぼります。

多くの選手が夢見て目標にする金メダルを一大会で6個も獲得して、なおも「6個に終わった、留まってしまった」と表現されてしまうことは、スター選手の宿命でしょうか。

北京では再度、米国のマーク・スピッツが保持する、一大会での最多金メダル獲得数(7個)を更新する活躍が期待されています。

フェルプスの泳ぎのすごさですが、それはダイナミックさと緻密さを両方兼ね備えた点です。
恵まれた体格を大いに生かした豪快な泳ぎは周知の事実です。

それに加え、最後まで崩れることのない正確なストローク、フォームが他選手を圧倒している一番の理由と言えるのではないでしょうか。

フェルプスの泳ぎが練習を積んだ努力によるものなのか、もしくは天性の才能かは「神のみぞ知る」といったところです。

しかし、馬力も兼ね備えた精密機械のような泳ぎに匹敵できる選手は多くはないです。

米国を代表するスター選手という立場で、08年はこれまで以上の注目を集め、また、アテネ以上の期待を受けることになるでしょう。

しかし、フェルプスは変わりません。
8冠という前人未到の大きな目標に向かい、1歩ずつ進んでいく。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。