北京オリンピックを前にして浮き彫りになる中国の観戦マナー

昨年8月から、北京オリンピックのテスト大会の位置づけとなる、プレオリンピックが開催されています。

来年の北京オリンピック本大会の競技場が実際に使用され、試合の進行やボランティア、報道の対応などすべて本番の『オリンピック仕様』で行われるものです。

このプレ五輪を通じて問題点として明らかになったのは、観客の観戦マナーについてです。

特に問題視されたのは、厳格な観戦マナーが必要なテニスです。
10月中旬に行われたプレ大会で、欧米を中心とした選手らが試合後に、口々に観客の観戦マナーの悪さについて触れたのです。

ゲーム中にもかかわらず観客席を移り歩く人が多く、試合が中断してしまう場面が幾度となくありました。
注意を促すアナウンスが英語と中国語で流れましたが、それが静まる気配はなかったといいます。

トスをあげる瞬間や試合の重要なポイントとなる場面で、携帯電話の着信音が鳴る、話し声は止まらない・・・という光景が見られたようです。

当然、テニス場でも、さまざまな働きかけはしていました。
大会前、あらかじめネットの公式サイトで、観戦マナーを記したものを公開していたし、当日の会場でも注意を促す場内アナウンスは行われていました。

それでもこのような事態になったわけですから、本番を控えてやや不安な点ではありますね。

中国が「スポーツ王国」となるには、“観戦する側の成熟”がまだまだ必要といえそうですね。

今後の中国のスポーツ発展とも大きく関わる課題だと思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。