北京オリンピックの聖火リレーの順序

北京オリンピックの聖火の採火式ですが、08年3月25日にギリシャのオリンピアにて行なわれます。

ギリシャはオリンピック発祥の地であり、また、前回開催地でもありますね。

その後3月30日まではギリシャ国内にて聖火リレーが開始されます。
3月30日に第1回オリンピックの会場であるギリシャ・パンアテナイア体育館にて中国への聖火の引渡し式が行われます。

31日には聖火は中国・北京へ空路にて移動し、それから聖火リレーの出発式が行われる予定となっています。

ここからが聖火リレーの本格的な始まりです。
8月8日までの130日間にわたって世界中を駆け巡ることとなります。

その間の距離はなんと過去最長となる13万7千キロです。

北京市を出発した聖火ですが、アルトマイ、イスタンブールと順に渡っていき、それ以降も世界各地を巡っていきます。

日本では、最近冬期オリンピックが行われたこともあり、聖火は長野を走ることに決まっています。
ただ、具体的なコース、オフィシャルランナーなどはまだ決まっていないようですね。

その後、聖火をアジア各国を巡っていき、いよいよ中国本土に渡り、各地を巡ります。
そして、開幕日の8月8日に再び北京へと戻っていくこととなります。

今回の聖火リレーでは、大きな話題として、聖火が初めてエベレストを登ることも挙げられますね。

それから最近では、聖火リレーの順番を巡り、クレームが台湾から出ていることも見逃せない話題ですね。
台湾、香港、マカオを経由して中国本土に入っていくという流れが、台湾があたかも中国の一部として受け取られかねないといった懸念を示しているようです。

オリンピックは平和の祭典なわけですから、北京オリンピックを前にして政治的思惑とは離れたレベルでの解決をしてほしいですね。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。