北京オリンピックの競技紹介「ライフル射撃」

オリンピックの数ある競技には日本人に普段あまり馴染みのない競技も少なくありませんよね。
それでは、北京オリンピックでも行われるそれらの競技について簡単に解説をしてみようかなと思います。

今回は「ライフル射撃」についてその歴史などを書いてみます。

射撃競技は銃器の発達に伴い、15〜16世紀にヨーロッパを中心にして世界に広まりました。
また、15世紀のドイツ・ケルンの射撃クラブで競技が始められたという説もあるようです。

人間が考えた技術をスポーツへと取り入れているこの競技は、1896年アテネ大会からの歴史を持っているオリンピック競技です。

また、参加国数は非常に多く、これは陸上競技に次ぐ多さとなっているんです。
結構意外ですね。

競技の種目ですが、使用する銃の種類や銃を構える姿勢、弾の数ごとに決まっています。
肉体的な耐久力はそれほど必要としないので、幅広い年齢層にファンが多い競技です。

肉体的には楽ですが、その分強靭な精神力が必要とされるスポーツなので、いかにして集中力を高めたり維持したりするかが勝負のポイントといえる競技ですね。

日本国内ではこの射撃スポーツを現在およそ1万人が楽しんでいます。
特にビーム・デジタルライフル銃を使った競技は年令制限がありませんので、どなたでも参加することができるんです。

この競技に日本は1952年ヘルシンキ大会よりオリンピックに参戦しています。

北京オリンピックでもこの競技に注目していきたいですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。