北京オリンピックの競技紹介「トライアスロン」

オリンピックの競技には普段日本人にはそれほど馴染みのない競技も結構ありますよね。

では、北京オリンピックでも行われるそれらの競技について少し解説をしてみようかなと思います。
今回は「トライアスロン」についてその歴史などに触れてみますね。


トライアスロンとは、非常に健康志向が高いとされるアメリカ西海岸にあるカリフォルニア州のサンディエゴにて、1974年に誕生しました。なので、比較的新しいスポーツですね。

トライアスロンですが、スイム、バイク、ランという3種目を連続で行っていく競技です。
トライアスロンが開始された当初は、距離や競技の組み合わせパターンがいろいろと試されました。

そして、1982年にバランスがとれた距離ということで、スイムが1.5km、バイクが40km、ランが10kmのトータル51.5kmが正式に設定されたんです。

現在の世界選手権など、全世界で行われる8割以上が、このような「ザ・トライアスロン」と呼ばれる規定にて開催されています。

また、競技の人気が高まっていき、実に160カ国を超える国でトライアスロンは行われています。
そして、それと同時に種目の細分化が今進んでいるんですよね。

日本で初めてトライアスロンが実施されたのは、1981年鳥取県皆生温泉においてでした。

その後、1985年に沖縄県の宮古島で、また、琵琶湖で長距離レースが開かれ、それから天草で、ザ・トライアスロンが国内で初めて開催されました。

日本でもトライアスロン競技は急速に人気を集めていて、実に年間で200以上もの大会が全国各地で開催されるようになっているんです。

北京オリンピックでも注目してもらいたい競技のひとつですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。