“異例のやり直し”ハンドボール・北京オリンピックアジア予選

ハンドボールというと日本での人気という面ではお世辞にも高いとはいえません。

しかし、北京オリンピックアジア予選の急転直下の予選やり直しの決定を受けたことによって、国内のハンドボールへの注目度というものは一気に高まった感がありますよね。

1月23日、練習会場にはなんと約150人もの報道陣が押し寄せたそうです。
通常ならこんなことはありえないことなのでしょうね・・・。

予選やり直しの発端は、昨年夏の予選での中東の審判の不可解な判定があったからなのですが、根は深いものがあります。
アジア連盟(以下AHF)は実権をクウェートの王族が握っており、以前より中東勢が有利になる判定が度々指摘されていたそうですね。

今回は、日韓の要求を受けて、国際連盟(以下IHF)が再試合の開催を決めた形です。
しかし、再試合の開催をAHFは拒否したんです。

結局、これによって予選のやり直しはIHFの管理の下で行なうこととなりました。
再予選の開催は不当としてAHFはスポーツ仲裁裁判所に提訴しているそうです。

IHFは事態を収束すべく、今後、五輪や世界選手権大陸別予選などをすべてIHFの管理の下へ置くことを通達しました。

ですが、AHFは予選のやり直しに参加した場合、日本ハンドボール協会に除名処分とすることを勧告しているんですよね。

1月27日にクウェートで開かれる臨時理事会で、日韓の処分を審議するものと見られています。
よって依然予断を許さない状況ではありますが、再試合まで1週間を切っており、チームは韓国戦に向けて集中しているようです。

なんとか日本代表には北京オリンピック出場を成し遂げてほしいですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/82281638
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。