最終予選メンバー(大学生)

今回、北京オリンピックの出場を決めた男子バレーの世界最終予選でのメンバーを引き続き私見で書いていきます。

●13番:清水邦弘 しみずくにひろ ウイングスパイカー 東海大学4年 身長193cm
荻野選手の高校の後輩でもありますね。福澤選手と同じ、大学生での全日本入りです。これからの男子バレーを背負って立つ人であることは間違いありません。
前回のワールドカップでも開幕戦でスタメンでしたし、彼にかける期待は大きいと思われます。
しかし、決め所でのサーブミスなどワールドカップでは反省点もみられました。そこを調整しつつ、日本のスーパーエースとして育って欲しいものです。
所属はどこになるのでしょうか。サントリーサンバーズだったら、荻野選手の下で色々教われそうですね。
ゴッツ選手と似たような、明るさのある選手だと思います。

●14番:福澤達哉 ふくざわたつや ウイングスパイカー 中央大学4年 身長189cm
清水選手と同じく、大学生です。福澤選手はワールドカップではメンバーからもれてしまいましたが、今回はベンチ入りも果たしました。
まだまだ実績がないので、若さなどでアピールしてワンポイントの活躍を期待したいです。
うまさもある選手だな、と思っています。
余談ですが、北京オリンピックの最終予選前に、社会人選手たちはプレミアリーグで戦っていましたから、清水選手と2人だけで合宿があったそうです。
とてもきつい合宿だったようですが、みっちり鍛えられて体も少し大きくなったとのことでした。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/101028572
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。