植田ジャパン

最初に「○○ジャパンというのは好きではない」と書きながら、タイトルに使ってしまう私って・・・(汗)。
北京オリンピックの最終予選メンバーの紹介はしましたが、男子バレーと言えば植田監督!女子バレーと言えば柳本監督!監督の存在を忘れることはできませんよね。
そこで植田監督のことも少し述べておきます。
監督は新日鉄(現在の堺ブレイザーズ)でプレーをしていました。センタープレイヤーとして活躍していて、私もテレビで拝見したことがあります。
頭脳派、というイメージでしたね。
そしてバルセロナでは男子バレーの主将としてオリンピックに出場しています。そこから16年間男子バレーはオリンピックから遠ざかっていたのです。
現役を退いたあとは、やはり所属チームであった新日鉄を監督として率いています。
堺ブレイザーズに変更されたあとも、監督としてチームを底上げしてきました。
その実績が認められて全日本に招かれ、最初はジュニア、そして2004年からは全日本の監督に就いたのです。
結果、今回の北京オリンピックへの出場権をとりました!

もちろん、監督だけでチームを作れるわけはありませんよね。コーチやトレーナー、マネージャーらによって植田体勢は整えられます。

植田監督が重視したのが、データについてです。相手チームの詳細なデータをもとに、作戦をたてメンバーを決定し、そして勝つ!
やはり現在ではデータが重要ですものね。

北京では敵となる海外の強豪チーム。彼らはどんなチームなのでしょうか。
次は、北京オリンピックに参加するチームについて少し書いていきたいと思います。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。