バレーボールの歴史

現在、バレーボールを全くしたことがない大人はいないのではないでしょうか。それぐらい、学校などでも取り入れられているポピュラーなスポーツですよね。
スポーツとしてはめずらしく、誕生の年や年月日などもわかっています。
1895年にアメリカで誕生したのがバレーボールです。
今と同じように、当時のアメリカでもバスケットボールが球技としては主流でした。しかし、バスケットボールは激しいスポーツでありみんなができるものとは言いにくかったのです。
そこで、あまり動き回らずに誰でもできるものとして考え出されたのがバレーボールだったのです。
当初は「ミノネット」という名称だったようですね。

オリンピックの正式種目となったのは、1964年の東京オリンピックからです。この北京オリンピックが2008年開催ですから、なんだかとても最近のことですよね。
日本では9人制がポピュラーだったのですが、この正式種目となったときはすでに6人制でした。
なのでこのときから6人制が増えていくことになります。
しかし、今も9人制は根強く残っていますよ。ほら、みなさんの中にも経験があるのではないですか?
いわゆる「ママさんバレー」は9人制ですしね。

話がそれましたが、東京オリンピックでは「東洋の魔女」でおなじみの女子が金メダルをとりましたが男子バレーは銅メダルでした。
そこからオリンピック3大会に渡って日本はメダルを獲得してきましたが、現在は女子がロサンゼルスでとった銅メダルが最後となっています。

だから、北京オリンピックでは男子バレーに奮起していただきたいものです。がんばれ、ニッポン!!
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/101028564
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。