バレーボールのルール2

1で基本的なルールは述べたので、いよいよわかりにくいところに入っていきます。
私がわかりにくいのは、ローテーションですね。なぜ入れ替わっていくのか。男子バレーの強い選手はずっとネット際にいればいいじゃないか!
いや、そうじゃないからきっと面白いのですよね。サーブレシーブが苦手でも、ローテーションになれば後ろでレシーブをやらざるをえないのですから。

ローテーションは時計回りに変わっていきます。ネットに向かって右後ろのポジションにつくとサーブをすることになります。
そして選手はサーブの間は、このポジションから動いてはいけません。

・・・これがローテーションなんですが、疑問がわきませんか?それでは、いつも後ろにいるリベロの選手も前にくるのか?ということです。
リベロはとても特殊な性格を持っています。
1セットに選手は交代できる回数が決まっているのですが、リベロはこの回数にしばられることなく交代することができます。
試合を見ていて、リベロはいつのまにか入っている、ということを思いますよね。
回数にはしばられないのですが、後衛の選手とのみ、交代できます。ベンチに出るときは、入るときに代わった選手としか交代することはできません。
そしてユニフォームも、他のプレーヤーと区別しないといけないために、違うものを着用することが定められています。
だから色が違うユニフォームをいつも身に着けていたのですね。
またリベロは当然守備的なポジションですから、サーブやアタックをすることは許されません。
ネットより高い位置にあるボールに触ることもできません。
トスも、セッターがあげているようなネットに近い前衛の部分からあげることはできないのです。後ろからトスをあげることはできますが。

このようにリベロはとても特殊性の高いポジションなのです。

北京オリンピック最終予選でも、男子バレーの津曲選手はこのような動きを見せていたはずです。
北京オリンピックの本番では、リベロに注目しましょう!
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。