プレミアリーグ・パナソニックパンサーズ

今回の北京オリンピック最終予選の直前である4月まで、男子バレーはプレミアリーグを戦っていました。
2007−2008Vプレミアリーグを制したのは、パナソニックパンサーズでした。
かつては名門であった松下電器(今のパナソニック)も、リーグ制覇から離れてなんと30年以上!古豪復活を果たしました。
では、パナソニックパンサーズとはどのようなチームなのでしょうか。

全日本男子バレーのメンバーになっているのは(登録選手も含む)、セッターの宇佐美大輔選手、同じくセッターの岩田正之選手、ウイングスパイカーの山本隆弘選手、同じくウイングスパイカーの谷村孝選手の4選手です。
北京オリンピック最終予選で、セッター宇佐美、山本のコンビが息があっていたのは、同じ所属で戦っているせいも大きいでしょうね。
今期のリーグでは、前半の貯金が大きかったと思います。後半は、外国人選手であるフェリペ選手が故障してしまい少し失速しました。
しかしフェリペ選手もセミファイナルには間に合ったようで、これも優勝の要因だったかもしれませんね。
山本選手はコンスタントな成績でチームを牽引し、見事優勝を果たしました。山本選手は最高殊勲選手にも輝きましたね。
また、リベロの永野選手がベストリベロ賞に今回初めて輝いたことも、攻撃だけでなくパナソニックが守備にも力を発揮できたことが伺えます。

長いリーグですから、コンスタントに勝利していくことが強いチームには求められます。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。