プレミアリーグ・東レアローズ

男子バレー2007−2008Vプレミアリーグで、パナソニックに惜しくも敗れて2年連続の準優勝となったのは東レアローズでした。
昨年はサントリーサンバーズに破れ、今年も優勝を逃してしまいました。
しかし、そこから見えるのは男子バレーの強豪チームであるということだと思います。

北京オリンピック最終予選で登録されている選手は、ミドルブロッカーの齋藤信治選手、同じくミドルブロッカーの富松崇彰選手、ウイングスパイカーの柴田恭平選手(スペインリーグへ)の3選手です。
今期のリーグでは、歯車がかみあったときとそうでないときの差が大きく、リーグ序盤はチームの状態が固まっていなかったように見えました。
そのため、かみあったときはパナソニックにも勝利できるのに、かみあわなかったときは格下のチームに取りこぼすというようなちぐはぐな戦いを展開していました。
しかし、徐々にチームが固まってきたのか、リーグ終盤にかけてしり上がりに調子をあげてきてセミファイナルへの出場をもぎとりました。

チームの印象としては、なんとなく地味・・・という感じですが地力はあります。
このチームを見ていると、やはりバレーは個人の力だけでは勝てないんだな、チームが一丸になることで勝てるんだな、ということを強く感じさせられます。

外国人選手に得点を頼りがちなので、もう1枚得点できる看板選手が欲しいところですね。

北京オリンピックでは、このようにチーム別にメンバーを見てみるのもいいかもしれませんよ(笑)。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。