プレミアリーグ・堺ブレイザーズ

全日本男子バレーの監督である植田監督の出身チームでもあります。前身は新日鉄です。
大阪の堺市を拠点とし、熱い応援のチームでも知られています。
「ブレイザーズ」は「燃えるやつら」のような意味でもありますから、熱いチームであることがわかります。
また、植田監督の熱さ、から考えてもチームカラーになっているようです。

北京オリンピック最終予選で登録されている選手は、ウイングスパイカーの北島武選手、同じくウイングスパイカーの石島雄介選手、セッターの朝長孝介選手の3選手です。
ゴッツこと石島選手は北京オリンピック最終予選では、監督からもキーマンだったと言われたくらい活躍しましたよね。
また朝長選手は、初戦からのスターティングメンバーではありませんでしたが、宇佐美選手と交代したあとは全日本男子バレーのいいところを引き出すトスを上げ続けました。

常に前評判は高く、今回の男子バレー2007−2008Vプレミアリーグでもセミファイナルにすすんでいます。
しかしセミファイナルでは、他の3チームに全て負けてしまうという結果に終わってしまいました。
攻撃力はリーグでも1・2を争うほどで、うまくかみあうと爆発的な強さを発揮しますが、ミスがきっかけで崩れてしまうことも多いチームです。
エンダギ選手を中心とした攻撃力がピタリとはまったときは、本当に見ていておもしろいです。

余談ですが、堺ブレイザーズは通称は『堺BZ』と書くことが多いです。
公式HPでは、この『堺』を省略して『BZ』と書かれていることがあり、私はなんでアーティストの「B'Z」をここで応援しようと書いているのだろう?と悩んでしまいました(笑)。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。