プレミアリーグ・豊田合成トレフェルサ

前回のプレミアリーグでは初の4強入りを決めましたが、今回は5位と惜しくもセミファイナル出場を逃しました。
それ以前では、V1リーグとの入れ替え戦を経験したり、降格したり、とかなり低迷した時代があったようです。

今回の北京オリンピック最終予選で登録されている選手はいませんでしたが、全日本男子バレーのメンバーとして常に選ばれている選手が多数いるチームです。
代表的な選手としては、今回の男子バレー2007−2008Vプレミアリーグでスパイク賞を受賞したミドルブロッカーの川浦博昭選手。
そしてブロック賞を受賞した北川祐介選手、セッターの島野俊一選手、ウイングスパイカーの甲斐祐之選手、盛重龍選手、とやはり名だたる面々がそろっています。

今回のプレミアリーグでの敗因は、やはり出遅れたことでしょうか。セッターの島野選手を初めとしてスタートで故障者が出たことが大きかったようです。
また外国人選手であるピッタール選手が開幕戦から調子が悪かったことも、チームのリズムが作りにくい要因になったことでしょう。

故障者をなるべく少なくして、波の少ない試合展開にしていくとまとまりのある強いチームになると思います。

やはりバレーはチームでの戦いですから、一人が調子を落とすことでリズムがでないことがある。
そんなことを考えさせられた今期だったのではないでしょうか。

個人的には甲斐選手を堺ブレイザーズの時から応援しているので、故障で顔が見られなかったことが前半は残念でした。
彼にはリーグ通してチームの顔であって欲しいと願っています。
そして願わくは、北京オリンピックのメンバーであってほしいとも願っています。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。