プレミアリーグ・JTサンダーズ

私が以前住んでいた広島を本拠地としているチームです。そして、現在のチームのなかで一番古いチームでもあります。
その戦績はすばらしく、Vリーグ時代の準優勝や昨年の天皇杯でも優勝しています。
しかし、アンドロポフ監督が病気のために急遽帰国してしまったりして、チーム内が少しごたついてしまったようです。
このことが今回の男子バレー2007−2008Vプレミアリーグで6位に低迷してしまった原因の一つではなかったでしょうか。

今回の北京オリンピック最終予選で登録されている選手はリベロの酒井大祐選手1人でした。
しかし、やはりこのチームもお馴染みの選手を多く抱えています。
ウイングスパイカーの直弘龍治選手や、同じくウイングスパイカーの加藤陽一選手、ミドルブロッカーの尾上健司選手などです。

しかしJTの課題はやはり新旧交代のようです。
以前の全日本メンバーの主力だった選手が、まだ踏ん張っています。それ自体はいいのですが、なかなか若手の起用がうまくいかない様子ですね。
今期の男子バレー2007−2008Vプレミアリーグで引退した平野選手に代わって、内富選手が頑張ったことなど芽はでかかっているようですが、なかなか急には難しいですよね。

またこのチームはロシアやウクライナから外国人選手を起用することが多いのですが、初年度はなかなか選手とのコミュニケーションが図りにくかったようで、そこも破壊力に繋がらなかった要因かもしれません。
北京オリンピックでは誰か登録メンバーがでるでしょうか?
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。