プレミアリーグ・NECブルーロケッツ

前回のプレミアリーグでは屈辱の入替戦となり、今回の男子バレー2007−2008Vプレミアリーグでは屈辱を晴らそうと臨んだリーグのはずでした。
しかし序盤はメンバーが固定できなくて、苦しい試合展開が続きました。
リーグの中盤からはメンバーが固定でき、また若手も台頭してきていい試合運びができてきたように思います。
が、上位チームとの差は縮まらず最終順位は昨年と同じく7位に終わりました。

今回の北京オリンピック最終予選で登録されている選手はミドルブロッカーの松本慶彦選手1人です。

このチームは若い選手が多く、また背が高い男子バレーの他のチームと比べると小柄な選手が多いように思われます。
それだけに、きちっとコンビバレーをきめないと付け込まれやすくなってしまいますね。

ルーキーが起用されてある程度の結果を残しているようなので、これを来期につなげていきたいところです。

そしてこのチームも故障者のために前半乗り切れなかったこともあるのですが、やはりこうやって書いてくるとチームに必要なことがわかりますね。
まず故障者をできるだけ出さないように、ケアなどをしっかりしていくこと。
そしてそのチームのカラーにあったバレーをしっかりやっていくこと。
守備から崩れることが多いこと。
ベテランと若手がうまくかみ合うこと。

これらがやはり勝つためには必要なようです。

松本選手以外にも、北京オリンピックの登録選手に選ばれるような選手が続々と出てきて欲しいものです。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。